これは僕の友達から聞いた実際にあった話です。
ある日僕は、友達の家で遊んでいました。
昼から友達の家で遊んでいて、気づいたら夜になっていました。
そして夜になったから友達が「怖い話をしよう!」と言ってきたので、僕は「良いよ!」と言った。
するとその話をたまたま聞いていた、友達の親が「そういえば、昔ゾッとするような事があったよ!」と言ったので、その話を聞きました。
話を聞くと昔、友達の家に夜中チャイムが鳴り友達の親がドアの除き穴を覗くと、そこに男性がいたみたいです。
その男性が、ドア越しに「助けてくれ!…助けてくれ!」と声がしたそうです。
友達の親は夜中ということもあり、少し嫌な予感を察知したのか、ドアを開けなかったらしいです。
しばらくして警察が友達の家に 警察がいて、男とトラブルになっていたみたいです。
そして警察と男性が居なくなりました。
「あの時は何か男性が異様な感じがして怖かった」
そう言う話を友達の親から聞いた僕も非常にゾッとしました。
友達も同じく怖がっていました。
その話を聞いて、少ししてからまた僕達は怖い話を再開しました。
あの謎の男性は本当に助けを求めていたのだろうか。
それは未だに不明です。
ですが後に友達の親から聞いた話だと、あの男性は友達の賃貸アパートの1階に住んでいた方だったそうです。
Yさんより