秋吉から萩に抜ける道を通った時の話です。
以前から、
母親に話を聞いていたのですが、
夜中2時頃に母が知人と車2台で前後に並んで走っていた時、
その道から左に下る細い道がありその道の先に小さくて明るいトンネルが見えるそうで
そのトンネルがある道の上の道を車で走った時、母の車内ではCDが急にかからなくなり、母の知人は、そのトンネルの中を真っ黒な人影が向こう側の山に向かって走っていったととても怖がっていました。
母は私が霊感が強いからと
その道を通る度、
「今度一緒に通って見よう」
と話してきていたので
時間が合った日に母、私、私の知人と3人で一緒に車に乗り、その場所へ向かいました。
夜中3時頃だったと思います。
「今から左下に見えるトンネルよ。」
と運転する母から言われ、
助手席の私と後部座席(左)に乗る私の知人は
トンネルを見ました。
知人は全くと言っていい程
霊感がなく、本人もダメ元で見ていたのですが
「あ!!!」
と大声を出したので
私もすぐトンネルを見ました。
私が見たのは話に聞いていた、
トンネルを真っ黒い人影が向こう側からこちらに向かって走ってくる姿です。
通過したあと、
後ろに乗っていた知人は初めて見るものに動揺しながら
「黒い人が向こうの山に向かって走って行った」
と。
知人が見てから
私が見るまでの時間は
わずか2秒ほどです。
わたしが見た時、すでにその人影はこちら側の入り口付近まで走ってきていました。
普通の生きている人間が
こんな早く移動出来るはずがない。
1度見た光景が信じがたかったので
Uターンしてもう一度見ました。
知人は見えなくなったみたいですが
私はやっぱり見えました。
車を止めて見ていると
どんどんトンネルの入り口まで
近付いてきたので
怖くなって
車出して!!!
と泣き叫んでしまいました。
インターネットなどで調べても
同じ体験をした話や
心霊スポットにも取り上げられてないので確かな情報が得られないままです。
その下る道の入り口の看板には
“矢代”と書いてありました。
怖くてそのトンネルを見ることしか出来ませんでした。
明るいうちに行ってみましたが
薄気味悪くて通れませんでした。
母の知人から聞いた話ですが
20年ほど前にそのトンネルで男性の死体が見つかったそうですが
事件の事実はわかりません。
Yさんより