心の苦しみを乗り越える最後の方法
→ サヨナラ・モンスター ←

これは、TVの心霊特集で見た実話です。
この手の番組は、よく芸能人が心霊スポットに探険に行くコーナーがありますよね。
この話も、その心霊スポット探険で起きたあれこれです。
この番組では、探険担当のようなお笑い芸人トリオがいます。
この3人組の内の1人だけ、毎回心霊体験をするのです。
その時は、廃止になり、心霊スポットとなった神社に探険に行きました。
場所は忘れてしまいましたが、かなり有名だそうです。
神社に入ると、ご祈祷に使っていたであろう和太鼓と、大小のお札が3枚、壁に立て掛けてあるだけで、後は何もありません。
その廃神社の中に、いつも心霊現象を体験する芸人が1人で待機する事になりました。
入った時から、彼は背後にあるご神体が奉ってあった場所から、足音が聞こえるし、人の気配がすると、怯えていました。
確かに、小さく「パキパキ」というような音が聞こえてきます。
そして、無人なのにいきなり和太鼓が小さく「トン」と鳴ったのです。
その直後、壁に立て掛けてあったお札が2枚、風も入らない場所なのに、ひとりでに落ちてきました。
もう芸人はパニックを起こしていましたが、最後にご神体を奉ってあった場所を開けるように言われます。
もちろん、中には何も入っていません。
ですが、同行した霊能者は、「おばあさんがいて、彼を歓迎している」と言っていました。
これでこのコーナーは終ったのですが、太鼓を打つバチもないのに、ひとりでに「トン」と鳴った和太鼓の音がすごく不気味でした。

心の奥のモンスターとサヨナラして
苦しみを乗り越える最後の方法
→ サヨナラ・モンスター ←