当時、肝試しのスポットとして有名だった、千葉県の雄蛇ヶ池に自分を含めて4人で行くことになりました。
メンバーは自分、彼女、怖がりの友達、彼女の友達でした。
勿論、怖がりの友達をダシに笑うことが目的でした。
雄蛇ヶ池に着いたのは深夜の0時過ぎ、肝試しをするにはベストな時間帯でした。
自分は前に1度、来たことがあり下見は万全。後は途中で隠れていきなり飛び出し驚かせる作戦です。
各自、懐中電灯を持ち池の周りをみんなで一緒に一周することに。
みんなと一緒では怖くないのでは?と思いますが、背の高い雑草が生い茂り、それがトンネルみたくなっている場所もあるので、懐中電灯の明かりでは本当に一点しか照らせないほど暗いのです。
進むにつれてどんどん暗くなってきました。
そろそろかなと思い、自分は隙をみて草むらを掻き分けて隠れながらついて行きました。
ここでトラブルが発生しました、草むらを掻き分けながらなので友達と離れてしまったのです。
慌てて追いついたのですが、その場所は一周する丁度半分の位置にある休憩所のようなベンチ。
自分は様子を伺いました、きっと自分がいないことに気づき大騒ぎになってるのではないかと。
すると、笑い声が聞こえました。
よ~く月明かりを頼りに友達の方を見てみると、4人で話をして笑っているのです。
4人・・?来たのは自分を含めて4人・・。
誰か他の人と知り合いになったのかな・・いや、車も無かったし、今日は平日。
自分がいないのに心配もせず、知り合った人と笑ってる?
私はもう一度、目を凝らして見た。
はっきりとは見えない、けど・・明らかに4人いるのは解る。
誰かと知り合いになった以外ないと思い、出て行った。
すると、友人達はびっくりしていた。
私は、誰かいたの?と聞くとみんな「エッ???」と言う感じだった。
状態が把握できてない私はまず自分の行動を説明した。
隠れて脅かそうとしたが失敗したことを。
すると、みんなが不思議そうな顔でこちらを見ている。
その時に彼女と友達がこう言った。
「ずっと一緒に居たじゃん。さっきは隣で話してると思ったら急に草むらから出てきてビックリしたよ!」「嘘言って怖がらせるつもりなの?」と笑い飛ばされた・・。
帰り道、何度もみんなに説明したが信じてもらえなかった。
あの4人目の影はなんだったのだろう・・。
友人や彼女まで私と思っていた、あの影は・・。
Kさんより