私は霊感があるわけでは在りませんが極偶に、不思議と言うかタイミングが重なる事はあります。

子供の頃は投稿させて頂いた様な、ちらほらとした経験はありました。

しかし、人並みの範囲。私の場合は体験より寧ろ、報せの様なものが働くタイプなのでしょう。

例えば前回投稿させて頂いた様な犬の死ぬ前日に予感がした。

他には夢が多い気がします。

父の実家で見た夢『水中に仏壇』が祖父母の悩んでいた内容『水神様関連』の糸口になった。

ある日見た夢は曾祖母さんの夢でした。

紫色の鉢巻きをして眠っていました。

昔の方は具合が悪いとよく鉢巻きをしています、父が言うにも確かに曾祖母さんは頭に鉢巻きを巻いていたと。

其の夢を見た日、母に話しましたら…曾祖母さんは先日に亡くなられていたとの事。

私は学生で授業が遅れると良くないのと遠いので、葬儀には呼ばれませんでした。

そして一人暮らしになって、遠方に居た際。

昨年辺りでしょうか、夏の頃に私は部屋に居ました。

私の好みで玄関内と窓の外に一つずつ、風鈴をつけています。

窓側は外なので割りと細い音がなるのですが、玄関はドアを開けてもちょっと開く程度。

なので常から玄関側の風鈴はあまり鳴りません、偶に強い風が吹けばカランと鳴ります。

その日は風が殆ど無い日で外の風鈴も偶にリーンと鳴程度、玄関は閉めていたかちょっと開けていた忘れましたが…

私がTVを見ていた時『カン』と音がした気がして『あ、玄関の風鈴か』と気にしませんでした。

しかし考えてみれば風が殆ど無くて、窓から玄関までは少々距離も有ります。

普段でも殆ど鳴らない風鈴、立地的に玄関側は建物も多く通路側なので何かと風が通るには障害物が多いのです。

東の窓側は開けているので、窓から玄関に風は抜けます。

しかしまあ、鳴る事もあるさと考えていました。風鈴だもの。

そして偶、弟と電話をした際に其れを話しました。

すると弟は『つい此の間親戚の○○の伯父さんが亡くなって、俺はお父さんと行ったんだけど…何かタイミングが良かったから、ちょっとビックリした』と。

私や弟にも良くして下さった伯父さんでした。

だから弟の『姉ちゃんにも、ちょっと報せに行ったのかもね』と言う言葉に頷いてしまいます。