心の苦しみを乗り越える最後の方法
→ サヨナラ・モンスター ←

今から話すのは、私が住んでいる宮城県での出来事です。
今から20年くらい前、私がまだ小学生の頃の出来事です。
その日私は、ソロバン教室の帰りでした。時間は、だいたい夜の6時頃だったと思います。
小学校の前の道よりも、学校裏の大きな道路の方が、道幅も広くて街灯も明るかったので、そっちの道を歩いて帰る途中でした。
そして、丁度音楽室の真横辺りに差し掛かったとき、なにげに、ふと、音楽室の方を見たんです。その瞬間!誰もいないはずの音楽室の明かりがついて、中には10人ほどの人影があったんです。
一瞬、生徒が居残りでもしていると思ったんです。でもその時は、学校行事が一切無い時期だったので、その時間校舎には誰も居るわけがないんです。
もし生徒の仕業なら、明日先生か生徒がそれらしい話をしているはずだと思っていたのですが、誰もそんな話はしていませんでした。
そのときの私の立ち位置からは、校舎(音楽室)が左側にあり、右側にはお寺があります。つまり、私を挟んで音楽室とお寺が一直線に並ぶんです。
それに、小学校が建っている場所は、昔はお寺の墓地だったそうです。
あの日、自分が見たものが幽霊だったのかどうか未だにわかりません。
Pさんより

心の奥のモンスターとサヨナラして
苦しみを乗り越える最後の方法
→ サヨナラ・モンスター ←