愛媛県
H23年の秋の話です。
毎晩23時頃から夜中にかけて[ある方向]から金づちの音が響くのです。
ちょっと近所迷惑だな・・と思いながらも我慢していました。
それから何週間も経過し・・
1ヶ月・・2ヶ月と・・
もうさすがに限界がきました。
子供に「あの音、毎晩うるさいよね」と聞いたり、旦那に「まさか貴方じゃないでしょうね」と話したりしました。
ところがみんな揃って(キョトン)
誰もそんな音を聞いたり金づちを触ったりしていないとのことです。
じゃあ私が聞いている音は何なんだろう。
ゾォー・・
その話から聞こえることは少なくなりました。
このまま聞こえなくなるのかなと思っていた頃・・
近所の方が来て「家を建てることになりました。音がうるさいかもしれませんが・・・・」
と挨拶に来られたのです。
その時はピンとこなかったのですが
そいいえば金づちの音が聞こえてきた方角(隣の家)
その新しくできる家はなんと[木造]でした。
実際に工事がはじまり・・・
トントントントンと毎日聞こえるその音。
そうです・・毎晩聞こえたあの音です。
本当の話でオチはないのですが、私にだけ聞こえる不思議な体験でした。
リアルな音との違いはお風呂で響くような音なのです。