愛媛県の普通の家の中で起きた話です。
ある日、祖父母宅で過ごしていました。
一瞬ですが、お仏壇があるお部屋でひとりぼっちになる時間がありました。
私は一人遊びは慣れていたのでお人形遊びをしていました。
すると何人もの楽しそうな話し声や笑い声が聞こえたので、誰か来たのかと思い玄関のほうを見ると
急にシーン・・・・と静まるのです。
あれ?・・・・気のせいかなと思いまた一人遊びをしました。
そうするとまた話し声や笑い声・・
しかもだんだんと大きくなってきます。
「これは玄関の方角ではないみたい・・今度は声がするほうを見てみよう」
話し声で賑やかな最中にパッと声がするほうを見てみました。
それは、お仏壇の真ん中でした。
やはり顔をあげると同時にシーン・・・・と静まるのです。
私は幼かったのですが、ご先祖様かなと思いました。
もしかしたら私を見にきてくれているのかな、とも思いました。
きっとご先祖様は私が聞こえているとは思わずに楽しく話していたのでしょう。
大人達はきっと信じてくれないだろいと思い、誰にも話しませんでした。
お仏壇から話し声が聞こえてきたのは、その時1回限りです。
私は幽霊の姿は見えないのですが音や声などの不思議な体験が多いです。
Nさんより