心の苦しみを乗り越える最後の方法
→ サヨナラ・モンスター ←

私が通っている大阪の美容院の美容師さんのお話。
美容師さん(K美さん)は、小さい頃、おじいちゃんの事が大好きでした。
しかし、ある日突然、大好きなおじいちゃんは、天国に行ってしまいました。
おじいちゃんのお通夜の日、K美さんと、K美さんのお姉さんは、おじいちゃんのひつぎの前でわんわん泣きました。
泣き疲れた幼い二人は、その日はおじいちゃんのひつぎの横に布団を並べて、一緒に眠ったのでした。
その夜の事でした。
K美さんは、ある声で目を覚ました。
「K美…、A子(お姉さん)…」
その声は、確かにおじいちゃんの声だったのです。
「K美…、K美……」
K美さんは、うっすらとした意識の中、おじいちゃんの声を聞きながら、再び眠りについたのでした。
翌朝目覚めたK美さんは、昨夜の夢のような出来事を、お姉さんに話しました。
すると、なんとお姉さんも、昨夜、おじいちゃんの声を聞いたという事でした。
二人は不思議な気持ちになりましたが、本当におじいちゃんが会いに来てくれたのかも知れないと思い、少し嬉しくなりました。
お葬式が済んだあと、お父さんが、せっかく親戚がみんな集まったのだから、集合写真を撮ろうと提案しました。
K美さんとお姉さんは仲良く並んで写真を撮りました。
後日、その写真を見てみると、K美さんとお姉さんのすぐ上の窓ガラスに、ニコニコと微笑むおじいちゃんの姿が写し出されていたのでした。
Rさんより

心の奥のモンスターとサヨナラして
苦しみを乗り越える最後の方法
→ サヨナラ・モンスター ←