心の苦しみを乗り越える最後の方法
→ サヨナラ・モンスター ←

私はその日少し遠くの街に出かけていました。帰りが遅くなったので最短ルートである山道を通り帰ることにしたのです。それが恐怖の始まりでした。
夜ということもあり私以外車はいません。舗装もされている道ですがカーブが多いのでスピードはあまり出していませんでした。しかし車のスピードが段々上がっていることに気づいたのです。アクセルも踏んでいない、坂道でもない、不思議に思いながらブレーキを踏むと車がすごいエンジン音を立てながら減速していきます。それはまるで誰かが同時にアクセルを踏んでいるかのようでした。不安を感じながら走り続けるといつものように走れるようになり安心したのですが、今度は車を叩くような音がするのです。私はあまりの恐怖に車の周囲を確認することもできず、ただ前を向いて山道を早く抜けることだけ考えて運転しました。そして無事山道を抜け近くのコンビニに寄り車を確認すると、無数の手形がついていました。
きっと霊にいたずらされたのでしょう。その後私は夜その山道を通るのはやめました。一歩間違えば事故になっていたかもしれません。それを考えると交通量がほぼない夜に通るのは危険だと思ったのです。自分で霊を見たわけではありませんが、恐怖感はすごかったです。

心の奥のモンスターとサヨナラして
苦しみを乗り越える最後の方法
→ サヨナラ・モンスター ←