心の苦しみを乗り越える最後の方法
→ サヨナラ・モンスター ←

これは友人から聞いた話です。
東京の大学に進学した娘のことが心配らしく、母親A子さんは娘の住んでいるマンションへ泊まりに行きました。
何の変哲もないワンルームの学生マンションなのですが、娘が時々金縛りになったり幽霊を見たりするそうなのです。
娘の部屋に一泊して帰ってきた母親A子さんは、こんなことを言いました。
『寝ている時、誰かに頭を踏まれた』
無論、生きてる人間ではなく幽霊にです。
幽霊にも足があるのね。なんて、ちょっと可笑しな疑問を感じたけど。
ワンルームで狭い部屋です。他に不審な侵入者が居たら、すぐに目が覚めて気付きます。
頭を踏み付けて去って行ったのは、紛れもなく幽霊だと言うのです。
その日の夜は、娘の部屋に御守りの札を貼ったそうです。
母親は狭い部屋で娘と横になって寝たのですが、ちょうど御守りの札を貼った位置が、自分の足元にあったそうです。
札の位置を避けて、邪魔だと言わんばかりに頭を踏み付けて去って行った。
どうやら、その部屋は、幽霊たちの通り道になっているようです。
自分がいつも通っている道に、通行禁止の札を貼られたら頭にきますよね。腹いせに札と反対側へ回り寝ている母親の頭を踏み付けて行った。
そう思えるのです。
因みに、人口密集地の東京には、ワケ有りスポットが星の数ほど存在してるって知ってましたか?
迂闊に頭を踏まれないように気を付けましょう。

心の奥のモンスターとサヨナラして
苦しみを乗り越える最後の方法
→ サヨナラ・モンスター ←