八甲田山の怪

87 views
約 2 分
かなり「卑怯」な告白術
→ 【ビデオ】90日で告白を成功させる方法 ←

これは聞いた話です。
青森県青森市にある八甲田山。時は1902年1月、当時南下政策を進めていたロシア。無敵艦隊といわれた、ロシア・バルチック艦隊の八戸上陸を想定し、十和田で迎え撃つべく想定の真冬の雪中行軍での惨事だった。
行軍した210名の内、199名が凍死した惨劇。死んだと知らず、今も行軍を続ける軍人の英霊たちがいる。青森市側にある、行軍に参加した数少ない生存者、後藤伍長の銅像が建つあたりから、田代温泉がある辺りにかけて、深夜にドライブすると、今でも運人の霊に取り囲まれて、車で逃げても霊を持ち帰ってしまうらしい。
後藤伍長の銅像が建つ公園の公衆トイレに深夜に入ると、背後から軍人の霊に周りを取り囲まれて、発狂してしまうらしい。また、公園の駐車場に深夜に車を停めていると、周りを雪中行軍の軍人たちに取り囲まれて、逃げられなくなる。無数の顔が、窓ガラスに張り付き、恨めしそうに車内を見つめる。見つめられた者は、蛇に睨まれた蛙のように、固まって身動きが取れなくなる。また、停めた車に向かって行軍が突進してくることがある。車を発進させ逃げたと思っても、軍人の霊は自宅まで付いてくると言うのだ。本当に恐ろしいスポットだ。

自分で簡単にできるお祓い
→ サヨナラ・モンスター ←

何か感じましたか…?

0
88 views